平成27年度12月定例会 一般質問(概要)

平成27年12月定例市議会が,12月2日(水)から17日(木)までの16日間の会期で開催され,予算案件9件,条例案件7件,契約案件1件などが可決・承認されました。また,本定例会では,私も一般質問に立ち,教育関係をはじめ,安全・安心・便利に生活できる地域となるよう質問致しました。

201512

1.教育関係

(1) 小中学校におけるいじめの再調査結果について

Q:本市の当初調査と再調査の結果の差異およびその理由について問う。

A:小学校が98件増の217件,中学校が12件増の142件となった。文部科学省から子ども同士の 些細なトラブルや短期間で解消したトラブルなどもいじめとしてとらえるよう通知があり,全ての事例を見直した結果である。

(2) 学校教育へのICT活用の可能性等について

Q:児童・生徒がサイバー犯罪に巻き込まれないようにするための取組みについて問う。

A:児童・生徒に正しいネットの利用方法やネットトラブルへの対処法などを学ぶ講習会を開き,ネットモラル教育を進める。

2.エゴマ特産化のための現状と課題について

Q:塩地区でのエゴマの露地栽培試験の成果と今後の展開および課題を問う。

A:10a当たり55㎏,総量で約500㎏と概ね良好な結果であった。課題としては,一つに,適期土寄せなどによる雑草対策,二つに,収穫作業時期分散のための品種選定,三つに,栽培に必要な機械や施設の導入がある。

3.エネルギー効率改善都市としての取組み等について

Q:本市の未利用地を活用した再生可能エネルギー導入件数および総発電能力について問う。

A:本市の未利用地を活用した再生可能エネルギーの導入件数は6件であり,総発電能力は合計で約5,400kWとなった。これは,一般家庭1,300軒分に相当する。

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top