議会改革の進捗状況

立春を過ぎてもなお厳しい寒さが続いておりますが、みなさまにおかれましては,日々ご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます。

昨年は,富山市で先進7か国の環境大臣が一堂に会し地球環境の諸問題を話し合う「G7富山環境大臣会合」が開催され,大きな成果を上げることができました。パラレルセッションでは,本市が議長都市となり,地球温暖化対策や環境保全施策について,先進事例の紹介や議論が行われ,富山市の取り組みに対して高い評価を頂くことができ,国内のみならず,世界に向けて富山市をアピールすることができました。

その一方で,政務活動費の不正受給事件が発生し,富山市議会の名声は地に落ちてしまいました。現在,その汚名を返上するため,嘗てない議会改革を市議会一丸となり進めています。私も,議会改革検討調査会および政務活動費運用指針策定作業部会のメンバーとして会派の意見を取りまとめ,より良い市議会となるよう発言しています。

なお,これまでの議会改革の進捗状況についてご紹介いたします。

これからも,「市政の見える化」に努め,地域がますます発展するよう一生懸命活動して参りますので,引き続きご支援賜りますよう,よろしくお願い致します。

<議会改革の進捗状況>

昨年の事件以降に決定した事項

項 目 内    容
議員報酬引き上げ 平成28年6月定例会で可決した議員報酬引き上げの条改正については,12月定例会にて廃止案成立
本会議の放映 3月定例会からインターネットによる生中継開始 ※ケーブルテレビでの放映については検討中
一般質問 所属委員会の所管部局に対する質問でも本会議に相応しい内容の質問であれば可
会議出席費用弁償 本会議や委員会等に出席した場合,4,000円/人・日支給↳廃止(12月から)
議会報の内容

一般質問の議員名,会派名,議員の写真および答弁者名を記載(12月定例会報から)
※意見書,請願等に対する賛否の掲載については,検討中
議会報編集委員会の視察廃止
※議会報については,各市議会がインターネットで公開しているため,先進事例の確認は可能
視察研修 公費による海外視察の中止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top