令和2年 9月定例市議会報告

 ごあいさつ

寒冷の候,皆様には,ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

日ごろは,私の活動に対しまして,ご理解とご支援を賜り心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症ですが,5月下旬から小康状態を保っていましたが,7月下旬から再び猛威を振るい始め,富山県の感染者数も累計で400名を超えました。

当初,夏場は感染者数が減少し,寒くなるにつれて増加するのではないかと言われていましたが,その推測より早く第2波が来たのではないかと思います。9月に入り,新規感染者数は減少傾向にありますが,今後,第3波や第4波も懸念されることから,引き続き,「新しい生活様式」の実践に努め,感染しないように注意して頂きたいと思います。

これから,気温も低下し,新型コロナウイルス感染症に加え,インフルエンザに対しても  十分注意する必要があります。インフルエンザワクチンを早めに接種するなど,感染予防に 努めて頂きたいと思います。

さて,令和2年9月定例市議会が,9月4日(金)から28日(月)までの24日間の会期で開催され,主に,新型コロナウイルス感染症関連の予算や条例改正が審議され,予算案件  9件,条例案件8件,契約案件13件,その他の議決案件6件,報告案件5件など,全ての   議案が可決承認されました。

これからも,地域がますます発展しますよう一生懸命活動して参りますので,引き続きご支援賜りますよう,お願い致します。

 令和2年度9月補正予算概要

  

一般会計予算  57億7,859万2千円が可決

 主な事業内容                     ※ 記載の金額は,事業全体の額

  •  ガラス美術館体温検知およびQR決済システム導入事業費      1,172千円
  •  備蓄用感染防止用品購入費                   33,849千円
  •  新型コロナウイルス感染症関連相談窓口強化費          15,000千円
  •  インフルエンザ予防接種事業費(中学生)            21,000千円

(市内中学生への予防接種費用助成,上限3,000円(1人1回まで))

  •  地区センター等トイレ洋式化                  90,392千円

(大久保ふれあいセンター3基分 2,544千円含む)

  •  新生児特別定額給付金事業費                 289,728千円

(国の特別定額給付金支給基準日以降から令和3年4月1日までに生まれた子への給付)

  •  市営スポーツ施設トイレ洋式化事業費              14,442千円
  •  小型廃家電リサイクル事業費                   2,770千円

(これまで,認定事業者へ有価で売却していたが,廃プラスチック類の処理費用の呼応等により,今年度から,処理費用が必要となった)

  •  キャッシュレス決済ポイント還元事業費            375,474千円

(キャッシュレス決済でプレミアムポイントを付与することで本市経済の喚起を促す)

 議会改革の進捗

平成28年に発覚した政務活動費の不正受給を教訓に,二度とこのような不正が起こらないよう,富山市議会では「議会改革検討調査会」および「政務活動費のあり方検討会」を立ち   上げ,議会改革と不正のできない政務活動費の使用ルールづくりを進めてきました。

1.「政務活動費の運用指針」の改正について

日本一厳しい運用指針を目指して,「政務活動費のあり方検討会」が中心となり策定しました。

☆新しい「政務活動費の運用指針」での主な変更点

・市政報告会等における「茶菓代」の廃止

・グリーン車の使用禁止

・県内移動時のガソリン代廃止

・各種団体が主催する会議・意見交換会等に参加するための会費・年会費等への支出禁止

・自宅のインターネット利用料・電話使用料等への支出禁止

・議員個人が発行する広報誌への支出禁止

2.本会議中継

本会議のインターネット中継を平成29年3月定例会より開始し,1年遅れて,ケーブルテレビの中継が平成30年3月定例会から開始されました。

インターネット中継には生中継に加え録画中継も行われており,時間のある時に視聴することができます。

ケーブルテレビは091chで放送されていますので,ご視聴して下さい。

インターネットは,富山市議会のHPからご視聴頂けます。

富山市議会HPのインターネット中継画面

3.今後の課題

日本一厳しい運用指針を策定したつもりでしたが,間違った解釈をして政務活動費を支出し,後日,返金する事象があるなど,一部の会派で疑惑を持たれ兼ねない支出がありました。

今後は,このような事が発生しないよう,随時,運用指針の見直しを行っていく必要があります。また,本会議以外の会議(委員会等)の中継をどうするかについても検討して行く必要があります。

皆さまのご意見をお聞かせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top