令和3年 2月臨時市議会報告

   ごあいさつ

早春の候,皆さまには,ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

日ごろは,私の活動に対しまして,ご理解とご支援を賜り心より感謝申し上げます。

日本でもようやく,新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まり,富山県でも,高岡市の高岡ふしき病院と魚津市の富山労災病院で先行接種が開始されました。今後,接種者も順次拡大される予定ですが,ワクチン製造を海外の製薬メーカーに依存している日本では,ワクチンの確保が思うようにできず,全ての国民に行き渡るには,まだ時間が掛かりそうなので,しばらくは,新型コロナウイルス感染症に警戒しながら新しい生活を続けて行く必要があるのではないかと思います。

さて,令和3年2月臨時市議会が,2日(火)に開催され,新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関連する予算などが審議され,全会一致で可決承認されました。

これからも,地域がますます発展しますよう一生懸命活動して参りますので,引き続き   ご支援賜りますよう,お願い致します。

 令和3年度2月補正予算概要

一般会計予算  27億7,747万7千円が可決

 

主な事業内容                     ※ 記載の金額は,事業全体の額

  •  新型コロナウイルスワクチン接種事業費         2,327,477千円

ワクチン接種クーポン券印刷,発送業務    86,726千円

予約・相談体制に係る業務         211,615千円

ワクチン接種委託料          1,946,874千円

市民への周知・広報に係る業務        82,262千円

  •  雪対策事業費                       450,000千円

       参  考

当初予算                 590,000千円

追加予算(1回目)            400,000千円

追加予算(2回目)            400,000千円

追加予算(3回目)            450,000千円

総  額               1,840,000千円

 大沢野地域のまちづくりと公共施設の「これから」を考える

平成30年に大沢野地域在住の25名の方にご参加いただき,大沢野地域のまちづくりと公共施設の「これから」を考えるワークショップが4回開催され,そのワークショップで大沢野行政サービスセンターを核とした複合施設の建設について,どの施設を複合化させるかなどを議論いたしました。

その結果を反映した市の要求水準書に基づき,公募提案型プロポーザル方式で事業者を募集したところ,1月27日に優先交渉権者が決定いたしました。

現在,詳細設計が行われていますが,大沢野地域自治振興連絡協議会などから,ホールの椅子を引き出し式にしてほしい等の要望をしています。その他ご意見がございましたら声をお聞かせください。

【イメージ図】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top